3/21・22 ノッコミ・・・っぽい?

画像

だいぶ暖かくなってきました。春を感じる釣果となるのでしょうか?

3/21 貯木場エビ撒き
毎週土曜日は母親と釣行。すっかり定着しちゃいました(笑)。尼エサで皆さんとお話しした後出発。向かったのは貯木場。ここで底を切ったタナでハネがアタるようになると春が来たなと感じるんですが、どうでしょう?

先に釣りを初めておられたSGさんにご挨拶して横に入らせて頂きます。SGさんの竿が曲がり魚がいる事は確認出来ました。

しかし撒けども撒けどもアタリ無し。

飽きるかと思った母親は熱心に竿を握ってます。
この日は昼から用事が有るので早めに納竿予定です。そろそろ僕が飽きてきた頃に、僕のウキがジワジワ入ってキビレゲット。

母親初のボウズで終了致しました。

3/22 鳴尾テトラフカセ
日曜日は単独釣行。先週に引き続きフカセでノッコミ調査です。ポイントは鳴尾テトラ。

撒き餌は前回残しておいた集魚材と買い足した物と合わせて5種類のスペシャルブレンド。刺し餌はオキアミ、コーン、練り餌の3種類。尼エサで混ぜさせて貰って出発。

釣り場に到着後撒き餌に海水を加えて今度は素手でこねこね。団子状にして数個をポイントに投入。その後ゆっくり仕掛けの準備。

タナを計りハワせぎみに開始。まずはアタリエサを探すため、サシエをローテーション。数投後にオキアミでジワッとアタリ。少し待ってゆっくり入り始めた所でアワセ!テトラの上をやり取りしやすい所に移動してやり取り。心地よい引き。40cmぐらいのチヌゲット。

オキアミでもう一匹。アタリが止まったのでコーンに変えるとスパッと目の覚めるようなアタリ。反射的にアワセますが素針。この日はいいアタリは素針が多くモゾモゾアタリは針がかりします。どうなってるんでしょう?

ともあれぼちぼちとアタリが有り、釣れ続けます。

エサはどれでもアタるようですが、エサの流れ方やアタリの出方など色々想像しながらローテーション。その時その時でアタリエサが有る気がします。

途中この日最大の46cmもゲット。手前左のテトラに突進する魚を必死で止めどうにかタモ入れ。お腹がパンパンの丸々と太ったチヌ。まだ産卵寸前って感じは無いようです。

1時まで至福の時を楽しみながら試行錯誤。ストリンガーを上げ、魚を数えると40~46cmチヌ8匹。大満足の釣果となりました。

これはもうノッコミと呼んでいいのでは?今からまだ良くなる事を期待します。

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック