7/11・12 エビ撒き&フカセ

画像

今週は土日とも釣りに行けるのでエビ撒き1日、フカセ1日としました。

7/11 エビ撒き
僕のホームグラウンドだと決めていた鳴尾川尻ですが、最近全く行ってませんでした。そこで様子を伺いに行って参りました。

タナを測ると1.5ヒロぐらい。以前より浅くなった気が・・。底付近でエビが漂うよう仕掛けを調整。

エビを撒き開始しますがアタリ無し。潮の動きも悪いようです。早々に朝食タイム。その後近くで釣ってる名人Tさんに電話して、釣ってる方向に手を振ります。Tさんにはアタリが有るようなのでハネをこちらに回してくれるようにお願い(笑)。

電話を切ってすぐにいきなりアタリ。10cmぐらいのミニチヌ。アタリが無いよりはマシです。潮もゆっくり動き始めたようなのでエビを多めに撒いて続けます。

続いてのアタリは38cmキビレ。さらに続けると数投でコンッと入って58cmハネ。元気の良い引きを堪能。Tさん本当に回してくれたようです(笑)。

そこからはしばし連発。ミニチヌの合間にハネやキビレが混じる感じ。終わって見ればハネ4匹、セイゴ1匹、キビレ3匹。

暑くなったので終了しました。エビ撒きはいい感じです。

7/12 フカセ
日曜日はフカセに挑戦です。のんびり目に家を出て、尼えさでもさらにのんびり。ちょっと悲しいニュースも有り店長と話し込んで出発。ポイントは鳴尾テトラ。もちろん玉ウキ全誘導で挑みます。

テトラ際にマキエを撒きゆっくり仕掛けを落としていきます。風も無く釣りやすい状況。す~っと道糸が走ってアワセ。上がって来たのはミニチヌ。

徐々に沖へとポイントを変えていきますが、たまに上がって来るのはミニチヌばかり。

隣にいたダンゴ釣りのおじちゃんはボラに悪戦苦闘しています。

気付いた時にはいつもの棒ウキ仕掛けに変更。底をハワせて一発を待ちます。

殺人的な暑さ。多めに持ってきた飲み物を飲みながら待ちます。

「待ち人コズ」

ボ○ズでした。フカセはもう少し先でしょうか?

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック