9/22ー23 シルバーウィーク後半

画像

前回の続きです。和歌山の磯釣行の帰り道、ののパパさんと翌日の朝の約束をしてお別れ。翌日朝6時に尼えさ集合です。

9/22 いつものポイントでフカセ
起きると若干体のいたる所が筋肉痛。足場の悪い磯での釣行は気づかない間に筋肉を使っているんでしょう。

約束通りののパパさんと尼えさで6時に合流。二人で撒き餌を混ぜ出発。

ポイントは武庫川尻のいつものポイント。状況はイマイチのようですが体も痛いのでのんびり出来るポイントをチョイス。

開始後ポツポツとミニチヌがウキを沈めてくれる状況。竿を持つ手も筋肉痛なので体に優しいサイズ(笑)
あっという間に11時。ののパパさんは用事が有るらしいので片付け開始。

シルバーウィークの間釣り旅行に行っているMUキングさんと電話で話しているとジワ~っと入るウキ。どうせミニチヌだろうとアタリをスルー。しかしその後さらに入って行くので軽くアワセ。ドンッと重量感。一旦電話を切りやり取り。41cmチヌ。MUキングさんと電話してるとアタる事が多い気がするのは僕だけでしょうか?

しばらくして再度いい引きで43cmチヌ。そろそろ終了しようと残った撒き餌を遠投。沖を狙います。撒き餌を撒いた場所へ仕掛けを入れ少しずつ誘いながら引いてくるとスパッと入るいいアタリ!

アワせると中々の重量感。竿を曲げ対応しますが肝心の左手は筋肉痛。無理せずゆっくりやりましょう。やっと魚影が見えいいサイズ。タモを持ってのんびりしてると再度強い引き。一気に右の浅場へ。ヤバい!っと思った時には時すでに遅し。

このポイントの糸を切られる鉄板ポイントに一直線。見事にバラし。ダメですね~油断しちゃ。そのまま終了。

連日の強い日差しと筋肉痛。そろそろ疲れが出てきたようです。

9/23 仕事の後で
最終日の午前中は仕事。溜まった仕事を一気に片付け昼から尼えさへ。昼2時到着。短時間の釣行なので少なめに撒き餌を作って出発。

向かったのは貯木場。釣りを始めた頃良く通ってたドラム缶ポイント。行ってみると昔よりかなり沖に移動しているドラム缶。止めてたワイヤーが切れてるんでしょうか?

さらに足場となるコンクリートの上には鉄パイプが2本設置されてます。釣りにくくなりました。バッカンを置けそうなボックスが有る位置に陣取り開始。

底の駆け上がりや深さなど昔を思い出しながら流していきます。棒ウキで苦労しながら投入していた沖のドラム缶際も玉ウキなら楽々飛びます。

若干上潮が滑りますが底潮が動いておりいい感じ。オキアミではミニチヌがかかるのでコーンに変更。ウキや針を変更し、ガン玉無しでもいい感じに仕掛けが落ちていきます。

ユラユラ~っと沈むウキ。しばらくしてス~っと走る道糸。アワセ!ドラム缶側に走るのを竿を寝かせてジッと耐えます。楽しいやり取り。42cmチヌ。

その後はほぼ枚投アタリ。30cmぐらいのチヌが多いですが、たまに40cm以上が混ざる展開。大きめはストリンガーに止め、残りはリリース。

夕方まで楽しんで終了。ストリンガーにはチヌ5枚。小さいのも入れるとかなりのチヌを満喫致しました。

最終日にどうにか満足釣果。

これにて5連休終了。と言ってもまた2日働いたら週末。またもや釣りの予定。こんなに釣りばっかしてていいんでしょうか?(笑)

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック