11/7・8 ハネは居るのに

画像

今週はかなり苦戦となりました。

11/7 鳴尾川尻
いつものように暗いうちに尼えさへ。名人Tさんがおられご挨拶。最近Tさんは太刀魚釣りをしていて朝にお会いするのはお久しぶりです。

エビを仕入れ出発。火曜日に楽しかった鳴尾川尻に再度挑戦します。

到着するといつものポイント高場は先客有り。低いポイントが空いていたのでそちらで開始。一投目からミニキビレ、ミニセイゴ、ハゼ。少しアタリが止まった所で隣にフカセをされる方が入られます。アタリも無いようなのでポイント移動。

高場に移動し先に釣りをされている方に横に入れて頂き釣り再開。

しかし全くアタリ無し。アタリが無いだけなら魚がいないと諦めもつくんですが、偏光グラスで見るとたまに浮いてくるハネが見えます。

いつか釣れるはずだと粘りに粘って1時半。撃沈。ボ○ズ。

11/8 尼港
日曜日は雨ですが気合いを入れて出撃。土曜日ボ○ズでこのままでは終われません!ポイントは取っておきの尼港。僕の中では最も固いポイント。

ポイントに到着後仕掛けを流すと無茶苦茶早い流れ。撒いたエビがどこで効くのかも分からず苦戦。昨日同様たまにハネが見える腹立つ展開(笑)

流れが緩くなればアタって来るはずとエビを撒くのは控えめに続けます。

良さそうな流れになったのは10時半過ぎ。それまで大雨の中耐えた自分を誉めてあげたいです(笑)

多めにエビを撒き浅ダナを探ります。誘いを入れた直後にコンッとアタリ!待ってましたのアワセ。そこまで大きくは有りませんが元気に走り回ります。ボ○ズの後の一発は最高です。49cmハネゲット。

間髪入れずに再度投入。コンッとアタった直後一気に持ってく凄いアタリ。44cmハネ追加。その後少しタナを落として32cmキビレ。

少しアタリが止まったので「最後にスズキタイムか?」とウキに集中しているとコンッとアタって早合わせで素針。ワクワクして再度投入。かけた後のやり取りをイメージしながらウキを見てると再度アタリ。少し待ってアワセ・・・来たか?・・・

35cmぐらいのセイゴでした(笑)

体力が切れたので終了。どうにかボ○ズ逃れとなりました。

しかしハネが見えるのに釣れないなんて、釣りって難しいなぁと再確認した週末となりました。来週はもう少し楽に釣らせて下さい(笑)

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック