12/5・6 一兎を追う

画像

先週二兎を追い痛い目に会ったので、今週はとことん一兎を追うことにしました。狙いはチヌ。フカセで狙います。

12/5 貯木場
土曜日の朝は必要以上の早起き。する事も無いので尼えさへ。エビ撒きに向かう常連さん達を見送った後、ゆっくり撒き餌を混ぜ出発。向かったのは先々週ボウズを食らった貯木場。

とりあえず今年しっかり練習した玉ウキ全誘導で開始。しばらくアタリ無く続けていると水面下を漂う0号ウキが少し押さえられた気が・・・。道糸の動きに注目するも変化なし。一か八かアワセ!

ゴンっと重量感が有りキビレ40cmゲット。狙いのチヌとは違いますがとりあえずボウズ逃れで一安心。

春や夏と違いアタリが小さい季節。小さいアタリにアワせるのに玉ウキ全誘導では難しいのかも?さらに底を引きずる「誘い」も玉ウキ仕掛けでは出来てるか不安。仕掛けを棒ウキ仕掛けに変更。

数回アタリが有るも全て素針。

昼近くなり他の釣り人もチラホラ。中で一人コンスタントにチヌを上げる人がいます。何が違うんやろ?

昼を過ぎて粘っているとジワッとアタリ。一旦浮いてきたかと思ったら再度強くジワッと入った所でアワセ!コンコンっと竿を叩く心地よい引き。チヌ35cmゲット。サイズはいまいちですが、どうにか目標達成で終了。

帰り道コンスタントに釣ってた方にしばし釣りを見せて頂きました。
仕掛けは僕より少し大きめのオモリをのせたシンプルな棒ウキ仕掛け。振り込みが上手な方でかなり遠投もされるみたい。撒き餌は重た目の水分多目。サシエはオキアミのみとの事です。

その日の夜は一人で翌日の作戦を練ります。あの釣ってた方と何が違ったのかが気になります。腕はともかく(笑)あれだけ釣果が違うという事は僕のやってた事の何かが違うはず。遅めの就寝。

12/6 鳴尾テトラ
朝は二度寝してしまい7時起床。久しぶりに鉄人さんからLINEが来ており、釣りにお誘い。尼えさで待ち合わせて出発。釣り場についたのは9時半。かなり尼えさでゆっくりしました。

昨晩の作戦会議の結果、仕掛けは棒ウキ仕掛け。若干オモリは重め。軽めの針で底をトレースしながら流す感じ。最も変更したのは撒き餌の配合。最近全誘導でゆっくり落とす釣りにマッチしそうな軽めな撒き餌が多かったんですが、今回は重めの粘りの有る配合。撒くと底に溜まっていくイメージ。

開始当初は上潮が左に滑るイヤな潮。ハワせを多めにとりシモらせながら流します。開始3投目でジワッとアタリ!しばらく待つと水中ですスッと加速。アワセ!34cmチヌ。

今日はイケそうと期待しましたが、その後はアタリ無し。途中鉄人さんは先に終了。僕はしっかり粘ります。

3時近くなり上潮が落ち着き底潮に引かれゆっくり左に流れるいい感じに。潮上に撒き餌を撒きゆっくり底を流すとコツっとアタリ。待っているとジワ~っと入ってアワセ。一気に右に走る魚。久しぶりの強い引き。竿を曲げ耐えます。楽しすぎ。43cmチヌ。

そこからはほぼ毎投アタリ。同じようなサイズを3匹追加。どれも強い引きでテトラの上を左右に移動しながらやり取り。4時になり満足して終了。

今年は玉ウキ全誘導にこだわり釣ってきましたが冬になりそれが良くなかった気がします。低水温のチヌ釣りは棒ウキの方がいい気がします。今後はこだわりなく状況によって使い分けれるようになればいいなぁと思ってます。

冬のチヌ釣り。もう少し研究してみます。

画像
画像
画像

この記事へのコメント

RB
2015年12月09日 20:33
やまもとパパさん、こんばんは

追った一兎が敢えてハネでは無くフカセのチヌの一兎だったのは、やはり現在ハネがあまりまわってない理由からでしょうか。
一網打尽の諺もあるのでハネ、チヌ爆釣したいなぁなんて欲張ってると私は最近は丸ボウズの一毛堕人の状態からずっと抜けれません(笑)
やまもとパパ
2015年12月09日 23:11
RBさんこんばんは。

大きめのハネは今産卵中かもですね。毎年あと2~3週間すると帰って来るのでそれまでは我慢です。

チヌは夏と違い繊細なアタリを取る釣りになるので面白いですよ。エビ撒きでもフカセでも釣れるのでチヌの多そうなポイントで狙ってみて下さい。

朝早くより日が昇りきって暖かくなって釣れる事が多いので、ついつい釣り時間が長くなってしまうのがつらい所です。

この記事へのトラックバック