1/30・31 殺気を消すには・・・

画像

いきなりですが1/30土曜日はボ○ズ。これで先週の土日と合わせて3日間連続ボ○ズ。

とかくボ○ズが続くと「どうにか釣りたい!」と殺気が出てますます釣れなくなったりします。僕がどうやって殺気を消す事が出来たか?・・・を書こうと思います。

注意!:今回のブログは多少オゲレツなワードが多数登場する事が有ります。お食事中の方は読むのをお控え下さいm(__)m

1/31 鳴尾川尻
朝は娘を部活に送り遅めに尼えさへ。連続ボ○ズに暖かい励ましを頂いて出発。ポイントは困った時のホームグランド鳴尾川尻。

釣り開始は8時過ぎ。ボ○ズ脱出の為、気合い十分。殺気もムンムン。まずはあちこちタナを測って作戦を立てます。エビを撒きキワから開始。こまめにタナを変えながら探るもアタリ無し。続いて少し沖の駆け上がりを調査。

その辺りで体に異変・・・。

・・・。

ウ○コ行きたい・・・。

我慢して続けますが集中力はゼロ。いや。別の部分に集中(笑)。タナも適当に投入。無意識にエビを撒くスピードはアップ(笑)。

完全に殺気が消えたのが良かったのか、ジワッとシモったようなアタリ。ウキに集中して別の部分の集中力が切れると大変なので即アワセ。ググッと心地良い重量感。久しぶりの魚の引きをしっかり楽しみタモ入れ。44cmハネ。

気づくと便意はおさまったようなので続けます。同じポイントでキビレ追加。

その後はアタリストップ→ウ○コ行きたい→アタリ→やり取り→タモ入れ→便意ストップの好循環(?)途中51cmのハネもゲット。30cmぐらいのキビレはリリース。

12時前にとうとう我慢出来なくなって終了。ストリンガーを上げるとキビレ3匹、ハネ2匹の満足釣果。

急いで家に帰ってトイレにダッシュ。無事事なきを得ました。

とてもウンのいい1日でした(笑)

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック