2/6・7 冬のエビ撒き

画像

ようやく水温も下がり冬らしい釣りになってきました。

2/6 西宮浜
朝は目覚まし時計できっちり起床。キンと冷えた朝。尼えさでいつもの会話を楽しみ出発。

ポイントは西宮浜。潮はいい感じに流れており今にも釣れそうな雰囲気。しかしアタリ無し。

タナや流す筋などを変えながら試行錯誤するも変化無し。

半分諦め多めにハワせを入れて投入。シモらせて強制的に仕掛けを止めます。のんびりしようと竿受けに竿を置こうとした瞬間にスパ~んと目の覚めるアタリ。慌ててアワセ。

強烈な引き。沖にこれでもかと走ります。糸の出しすぎに気をつけながらも慎重にやり取り。55cmハネゲット。

その後は忘れた頃にアタリが有り2回素針。

最後にキビレを追加して終了。ハネは底でじっとしているんでしょうか?

2/7 貯木場
日曜日も早起きに成功。鳴尾川尻に向かいますが先客の方がおられたので貯木場に。久しぶりの桟橋ポイント。

上撒きしてタナを探ります。壁際を浅めのタナで誘っているとコツッとアタリ。アワセを入れるとドンっと重量感。きれいに曲がる愛竿「極翔」に見とれながらやり取り。よく肥えた47cmチヌゲット。

続いて潮が変わったのでタナを底まで落としてジワっと小さなアタリ。即アワセ!
走りまわる魚を追いかけながらやり取りして57cmハネ。

満足サイズの2大ターゲットを釣ったのでその後はのんびり。色々狙い方を変えながらチヌ3匹。ハネ1匹。キビレ1匹を追加。

チヌ1匹はタモ入れ後竿受けに竿をかけている途中で海にお帰り(笑)

満足釣果で無事終了。

僕はこの時期のエビ撒きが好きです。寒さを我慢しながらじっとウキを眺める。前ぶれも無く小さなアタリ。もう少し冬のエビ撒き楽しもうと思います。

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック